イザナミのストラテジーをお探しの方に、おすすめの売買ルールをご紹介しています。様々なストラテジーがある中で、どんなものを選んだら良いかも酔われている方もいらっしゃると思います。そこで、好成績を出す可能性が高いストラテジーの見分け方と、そこから導き出したおすすめのストラテジーを掲載しています。

売買成績の良い株式売買ルールの見分け方は?

失敗しない売買ルールの選び方
期待値が高いものを選びましょう
期待値とは一回あたりのトレードで、どれくらいの利益が出るかという指標です。つまり、期待値が高い売買ルールを使用すると、売買を繰り返すたびに高利益を積み上げていくことができるということになります。
最大ドローダウンが低いものを選びましょう
最大ドローダウンとは損失が積み上がったときに、最大でどの程度まで損失が膨らむかという指標です。過去の運用で総資金の何%まで損失したことがあるかを表していますので、できるだけ最大ドローダウンが低いものを選ぶということが重要となります。
トレード回数が多すぎないもの
トレード回数は多ければ多いほど手数料の負担が大きくなってしまいます。また、トレード回数が多いほど、注文する時間も多くかかってしまうので、とても手間となります。少なすぎると利益も少なくなってしまいますので、年間70~80回程度のトレード回数のものを選択することをおすすめします。

株式売買ルールおすすめランキング

フレイムラボ
高値圏での順張りで買い戦略の売買ルールです。トレード平均期間が2日以内となっていますので、保有している期間が短くストレスを感じることなくトレードをすることができます。フォワードテストでの期待値は7,300円前後(150万円での運用)となっており、高い利益を積み上げることができます。また、過去のトレードにおいて、最大ドローダウンは約4.6%となっており、リスクが抑えられているところも魅力です。
期待値:7,300円前後 最大ドローダウン:約4.6% トレード回数(年間):70~80回程度
ヒュプノス【トランザム】
高値圏または安値圏での順張りで買い戦略の売買ルールです。トレード平均期間は3日となっており、株式を保有する期間が比較的短くなっています。150万円で運用した場合のフォワードテストでの期待値は4,000円前後となっています。また、過去15年間のトレード運用における最大ドローダウンは約5.3%となっており、リスクはかなり限定されています。年間トレード回数もそれほど多くはないため、手数料負担も少なくて済みます。
期待値:4,000円前後 最大ドローダウン:約5.3% トレード回数(年間):80~90回程度
コキュートス(S)
高値圏での急落を狙った売り戦略の売買ルールです。トレード平均期間は2日となっており、株式保有期間はかなり短めとなっています。150万円で運用した場合のフォワードテストでの期待値は、2,200円前後となっています。過去015年間のトレードにおける最大ドローダウンは約7.6%となっております。売り戦略なので、逆日歩があったり、新規売り停止などにより、売買できないこともある点は注意が必要です。
期待値:2,200円前後 最大ドローダウン:約7.6% トレード回数(年間):240~260回程度

好成績が期待できる株式売買ルールはこちら!

最もおすすめの売買ルールは「フレイムラボ」です!
フォワードテストでの期待値が高い
⇒ 過去の相場でのバックテストで期待値が売買ルールは多いのですが、フォワードテストでは、バックテストの期待値に遠く及ばないものが結構あります。そんな中、フレイムラボはフォワードテストでも7,300円前後(150万円で運用した場合)の期待値をたたき出していますので、しっかりと利益を積み上げることが期待できます。
最大ドローダウンがとても低い
⇒ 過去15年以上の運用において、最大ドローダウンは約4.6%となっています。150万円で運用した場合、最大で69,000円の損失に留まっています。トレードをして負けが続いたとしても損失は69,000円で済むので、運用していても安心感があります。
年間のトレード回数がちょうど良い
⇒ フレイムラボの年間平均トレード回数は70~80回程度となっています。株式市場が開いているのは年間で240日前後となっているので、大体3日に1回程度の取引となります。これであれば、手数料もそれほどかかりませんし、注文を出す手間も負担とならないので、仕事で忙しい方でも運用が可能です。

フォワードテストでも高い期待値を実現し、最大ドローダウンが低く抑えられているのは「フレイムラボ」だけ!